募集中の治験

[検索結果]
現在19件の治験が登録されています。

【糖尿病】尿たんぱくが持続的に認められている糖尿病の方(東京)

問い合わせ番号 4136
実施地区 東京
説明 参加開始時期:2017年10月~2018年9月
参加期間:約14ヶ月間
通院回数:約20回
ご協力いただける方 20歳以上の方
Ⅱ型糖尿病の治療中で、尿中にたんぱくが出ていると認められている方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【糖尿病】尿たんぱくが持続的に認められている糖尿病の方(大阪)

問い合わせ番号 3990
実施地区 大阪
説明 参加開始時期:2017年10月~2018年9月
参加期間:約14ヶ月間
通院回数:約20回
ご協力いただける方 20歳以上の方
Ⅱ型糖尿病の治療中で、尿中にたんぱくが出ていると認められている方
募集期限 2019年08月31日
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【変形性膝関節症】お薬を使っても改善しない強い関節痛でお悩みの方(東京)

問い合わせ番号 4168
実施地区 東京
説明 参加開始時期:2018年1月~
参加期間:約18ヶ月間
内容:通院回数22回
ご協力いただける方 40歳~80歳以下の日本人の方
3ヶ月以上前から変形性関節症の治療を受けられている方
変形性関節症に対して、経口の鎮痛薬を日常的に服薬している方
(鎮痛薬には、NSAIDs、オピオイド、アセトアミノフェン、またはこれらの合剤を含みます)
合計22回の通院が可能な方(所要期間:約1年6ヶ月)
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【アトピー性皮膚炎の方】中等度以上の症状を有する方(関西)

問い合わせ番号 4113
実施地区 大阪
説明 現在アトピー性皮膚炎の治療薬は開発ラッシュを迎えております。
詳細はこちら
インクロムボランティアセンターでは、只今、3回のみの通院タイプの臨床試験を募集中です。

参加開始時期:2017年9月から随時
参加期間:約3週間
内容:1回/週×3回
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、中等度以上のアトピーによる皮膚所見が認められる方
~~中等度の目安は?~~
ごく軽度の皮疹も含め、皮疹が体表面積の15%以上に認められている方となります。
大まかな目安では、掌(手のひら)10個分以上の面積に該当します。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【眼鏡をかけた小学生の方】近視抑制サプリメントの臨床研究モニター(東京)

問い合わせ番号 4169
実施地区 東京
説明 6か月間で合計4回、通院していただきます。
また、本試験のご参加にあたり、現在のお子様の視力に最適な眼鏡の購入資金を全額負担させていただきます。
(参加条件を満たした場合に限ります)

【近視発症時期の若年化が問題視されています】
近年の生活環境の変化により、近視の発症人口が増加し、同時に若年層の近視発症割合も増加しています。
特に成長時期である小学生の年代での近視の発症は、眼球サイズ自体の成長とも重なり眼軸長が延長しやすい時期となる為、
近視が進行しやすい時期でもあり、将来的には重度の近視に発展しやすくなると言われています。
重度の近視は、失明に繋がる緑内障を始め眼の病気の発現率が高くなることも指摘されており、
小学生の年代で近視の進行を遅らせることは将来的な眼病の予防にも繋がります。
ご協力いただける方 年齢が6歳~12歳で近視矯正用の眼鏡を着用している方
ご両親のうち、1名以上が近視である
計4回の通院にご協力いただける方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【緑内障】未治療もしくは2剤までで治療中の方対象

問い合わせ番号 4195
実施地区 東京
説明 日本人の失明原因の第1位は緑内障です。
緑内障を放置すると、気が付かないうちに視野欠損が進行し、
はっきりと自覚できる状態になった時には、手遅れになることも。。。
詳細はこちら
緑内障の治療をやめて放置してしまっている方、
新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)で以下のいずれかに当てはまる方
①緑内障と診断されていて未治療の状態で眼圧値が両眼ともに18mmHg以上の方
②緑内障の点眼剤を1剤または2剤使用中の状態で眼圧値が両眼ともに15mmHg以上の方
※眼圧の数値が不明な方も本治験にご興味のある方はお問い合わせください。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【65歳以上の方】高齢者を対象とした治験のご案内(関東)

問い合わせ番号 4196
実施地区 東京
説明 超高齢化社会を迎えた日本では3人に1人が60歳以上であり、高齢者が罹患しやすい疾患のお薬の開発の需要が高まっています。
インクロムボランティアセンターでは、現在、以下の疾患をお持ちの方を対象とした臨床試験を募集しております。
①緑内障 ②変形性膝関節症または股関節症 ③糖尿病 ④慢性腎臓病 ⑤糖尿病性腎症 
また、インフルエンザワクチンの予防接種試験やアルツハイマー病の発症予防試験など、病気をお持ちでない、健康な方もご参加いただける試験も複数予定しております。
新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢65歳以上80歳未満(男女不問)の方で、以下のいずれかに該当する方
①緑内障、糖尿病、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、変形性膝関節症または股関節症のいずれかの疾患をお持ちの方
②健康状態が概ね良好である方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【65歳以上の方】高齢者を対象とした治験のご案内(関西)

問い合わせ番号 4186
実施地区 大阪
説明 超高齢化社会を迎えた日本では3人に1人が60歳以上であり、高齢者が罹患しやすい疾患のお薬の開発の需要が高まっています。
インクロムボランティアセンターでは、現在、以下の疾患をお持ちの方を対象とした臨床試験を募集しております。
①緑内障 ②変形性膝関節症または股関節症 ③糖尿病 ④慢性腎臓病 ⑤糖尿病性腎症 
また、インフルエンザワクチンの予防接種試験やアルツハイマー病の発症予防試験など、病気をお持ちでない、健康な方もご参加いただける試験も複数予定しております。
新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢65歳以上80歳未満(男女不問)の方で、以下のいずれかに該当する方
①緑内障、糖尿病、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、変形性膝関節症または股関節症のいずれかの疾患をお持ちの方
②健康状態が概ね良好である方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【スギ花粉症】ひどいスギ花粉症でお困りの方(関東)

問い合わせ番号 4194
実施地区 東京
説明 日本におけるスギ花粉症患者は増加の一途をたどり、4人に1人は花粉症であると言われております。
その中でも重度の花粉症は、仕事や日常生活に支障をきたす為、適切な治療が必要です。
既に多くの医薬品が開発され市販されておりますが、重度の患者さんにも満足がいく
より効果の高い薬の開発に向けて日々研究されています。
インクロムボランティアセンターでは、お薬を使用しても十分なコントロールが得られないスギ花粉症の方を対象とした治験を複数実施予定です。
新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、スギ花粉飛散時期に、薬を服用してもコントロールが不十分な方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【アトピー性皮膚炎の方】中等度以上の症状を有する方(関西)

問い合わせ番号 4184
実施地区 大阪
説明 現在アトピー性皮膚炎の治療薬は開発ラッシュを迎えております。
詳細はこちら
インクロムボランティアセンターでは、只今、3回のみの通院タイプの臨床試験を募集中です。
また2018年より複数の臨床試験を実施予定です。

長年アトピーでお悩みの方で、新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、新しい試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、中等度以上のアトピーによる皮膚所見が認められる方
~~中等度の目安は?~~
ごく軽度の皮疹も含め、皮疹が体表面積の10%以上に認められている方となります。
大まかな目安では、掌(手のひら)10個分以上の面積に該当します。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【スギ花粉症】重度の症状でお困りの方対象の通院試験(関東)

問い合わせ番号 4046
実施地区 東京
説明 日本におけるスギ花粉症患者は増加の一途をたどり、4人に1人は花粉症であると言われております。
その中でも重度の花粉症は、仕事や日常生活に支障をきたす為、適切な治療が必要です。
既に多くの医薬品が開発され市販されておりますが、重度の患者さんにも満足がいく
より効果の高い薬の開発に向けて日々研究されています。
インクロムボランティアセンターでは、2017年10月頃より重度のスギ花粉症患者を対象とした治験を実施予定です。
新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢20以上(男女不問)で以下の条件にあてはまる方
・過去2シーズン以上継続して病院やクリニックでの処方を受けてスギ花粉症の治療をされている方
・過去2シーズン以上継続して点鼻ステロイド薬を処方され使用されている方
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【アトピー性皮膚炎】中等度以上の症状を有する方(関西)

問い合わせ番号 3971
実施地区 大阪
説明 現在アトピー性皮膚炎の治療薬は開発ラッシュを迎えております。
詳細はこちら
インクロムボランティアセンターでも現在2つの治験を募集中です。
試験A:9泊10日の入院を有する宿泊タイプの試験
試験B:3回の通院のみの試験

長年アトピーでお悩みの方で、新しい治療にご興味をお持ちでまだボランティア登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。
ご登録いただけますと、新しい試験の実施が確定後優先的にご案内させていただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、中等度以上のアトピーによる皮膚所見が認められる方
~~中等度の目安は?~~
ごく軽度の皮疹も含め、皮疹が体表面積の10%以上に認められている方となります。
大まかな目安では、掌(手のひら)10個分程度の面積に該当します。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【緑内障】未治療もしくは2剤までで治療中の方対象(関西)

問い合わせ番号 4101
実施地区 大阪
説明 日本人の失明原因の第1位は緑内障です。
緑内障を放置すると、気が付かないうちに視野欠損が進行し、
はっきりと自覚できる状態になった時には、手遅れになることも。。。
詳細はこちら
緑内障の治療をやめて放置してしまっている方、
新しい薬に興味のある方、是非ご応募下さい。

参加開始時期:2017年8月
参加期間:約16週間
内容:2週間または4週間おきに通院を7回していただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)で以下のいずれかに当てはまる方
①未治療の状態で眼圧値が左右いずれかの眼で21mmHg以上の方
②緑内障の治療中止4週間後の眼圧値が左右いずれかの眼で21mmHg以上が予想される方
※眼圧の数値が不明な方も本治験にご興味のある方はお問い合わせください。
募集期限 2018年02月27日
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【緑内障】未治療もしくは2剤までで治療中の方対象(関東)

問い合わせ番号 4107
実施地区 東京
説明 日本人の失明原因の第1位は緑内障です。
緑内障を放置すると、気が付かないうちに視野欠損が進行し、
はっきりと自覚できる状態になった時には、手遅れになることも。。。
詳細はこちら
緑内障の治療をやめて放置してしまっている方、
新しい薬に興味のある方、是非ご応募下さい。

参加開始時期:2017年8月
参加期間:約16週間
内容:2週間または4週間おきに通院を7回していただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)で以下のいずれかに当てはまる方
①未治療の状態で眼圧値が左右いずれかの眼で21mmHg以上の方
②緑内障の治療中止4週間後の眼圧値が左右いずれかの眼で21mmHg以上が予想される方
※眼圧の数値が不明な方も本治験にご興味のある方はお問い合わせください。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【眼圧高値の方】眼圧が高いと指摘されている方(関東)

問い合わせ番号 4106
実施地区 東京
説明 日本人の失明原因の第1位は緑内障です。
そしてその緑内障の発症リスク要因の1つが眼圧高値です。
眼圧高値を放置すると、気が付かないうちに緑内障が発症、進行し、
自覚症状(視野欠損)が現れた時には、手遅れになることも。。。
詳細はこちら
眼圧高値を指摘されているのに放置している方、
治療をやめて放置してしまっている方、是非ご応募下さい。

参加開始時期:2017年8月
参加期間:約12週間
内容:2週間おきに通院を7回していただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)で以下のいずれかに当てはまる方
①左右いずれかの眼で眼圧が21mmHg以上
※過去に眼圧高値を指摘された事がある方もまずはお問い合わせください。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【眼圧高値の方】眼圧が高いと指摘されている方(関西)

問い合わせ番号 4100
実施地区 大阪
説明 日本人の失明原因の第1位は緑内障です。
そしてその緑内障の発症リスク要因の1つが眼圧高値です。
眼圧高値を放置すると、気が付かないうちに緑内障が発症、進行し、
自覚症状(視野欠損)が現れた時には、手遅れになることも。。。
詳細はこちら
眼圧高値を指摘されているのに放置している方、
治療をやめて放置してしまっている方、是非ご応募下さい。

参加開始時期:2017年8月
参加期間:約12週間
内容:2週間おきに通院を7回していただきます。
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)で以下のいずれかに当てはまる方
①左右いずれかの眼で眼圧が21mmHg以上
※過去に眼圧高値を指摘された事がある方もまずはお問い合わせください。
募集期限 2018年02月27日
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【糖尿病】食事・運動療法による治療をしている方へ(関東)

問い合わせ番号 3874
実施地区 東京
説明 参加開始時期:2016年9月
参加期間:約8ヵ月間(33週間)
内容:通院9回程度
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、以下の全ての条件に該当する方
①2型糖尿病と診断されている
②HbA1c7.0%以上9.5%以下
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【気管支ぜんそく】 吸入ステロイドで喘息治療中の方対象(関西)

問い合わせ番号 3577
実施地区 大阪
説明 参加開始時期:2016年6月
参加期間:約3ヵ月(約12週間)
内容:通院5回程度
ご協力いただける方 年齢20歳以上70歳以下(男女不問)の方で以下の全ての条件に該当する方
①気管支喘息と診断されている
②吸入ステロイドを継続的に使用して、ぜんそく治療を行っている方
③非喫煙者もしくは過去喫煙者(喫煙年数に制限あり)
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする

【糖尿病】インスリンで治療中の方(関東)

問い合わせ番号 3950
実施地区 東京
説明 インスリン治療を継続した状態で、治験薬を併用した時の効果と安全性を確認する治験です。
参加開始時期:実施中
参加期間:約14ヵ月間(60週間)

内容:通院16回程度
ご協力いただける方 年齢20歳以上(男女不問)の方で、以下の全ての条件に該当する方
①2型糖尿病と診断されている
②1日あたり8~40単位のインスリン治療を継続して行っている
③HbA1c7.0%以上10.0%以下※
④BMI 18-40
※インスリン単剤で治療中の方は7.5%以上10.0%以下
 他剤も併用している方は、7.0%以上9.0%以下の方が対象となります。
募集期限
  • 治験詳細はこちら
  • 無料登録会に申し込みする
治験はどこで

治験は、大阪の「OCROMクリニック」「大阪治験病院」と東京の「ToCROMクリニック」で行われます。治験に特化した医療機関なので、ここに通院・入院しているのは、原則として治験ボランティアの方のみ。大勢の治験ボランティアを支えてきたスタッフが、親切丁寧に対応します。

OCROMクリニック

OCROMクリニック

OCROMクリニック
ボランティアの声
治験に参加するまで
治験に興味をもった方は、ボランティア登録説明会(無料)への予約申し込みをしてください。 治験実施医療機関にて健康診断を受けてください。 事前にお知らせしたスケジュールに沿って、治験実施医療機関にお越しください。いよいよ治験のスタートです。
お申し込み(Webまたはフリーダイヤルで) 登録説明会 健康診断(フェーズ2&3試験の場合のみ) 治験説明会 治験
登録説明会では、治験の目的や内容、メリット・デメリットを説明します。治験への理解を深めたうえで、登録手続きをしてください。 治験実施医療機関で、ご希望の治験について詳細な説明をします。十分ご理解いただけましたら、治験参加同意書にご署名ください。