募集中の治験

【高リン血症】腹膜透析患者対象試験(関西)

問い合わせ番号 4748
実施地区 大阪
説明 腎機能が低下すると尿の生成が低下する事で、リンが尿中に排泄されず、体内にリンが蓄積します。これが高リン血症がおこるる要因です。リンが蓄積した状態を放置しておくと、リンとカルシウムが結合して血管石灰化がおこります。また副甲状腺ホルモンの過剰分泌がおこり、骨がもろくなり、骨折をおこしやすくなるなどの症状がでてきます。

試験開始時期:2013年3月
参加期間:28週間
内容:通院15回
実施施設:大阪府吹田市

この治験で使用された治験薬は、2015年9月28日に「ピートルⓇチュワブル錠」として販売承認されました。
ご協力いただける方 慢性腎不全と診断され腹膜透析を受けている方
高リン血症の治療薬で治療されている方
ご協力いただけない方
募集期限 2014年09月10日

ただいま募集中のおすすめ治験

申し訳ございません。

現在この条件に合った治験ボランティアは募集をしておりません。
登録をして頂いた方には募集を開始した際にご連絡いたしますので、下記よりご登録をお願いいたします。
  • 治験の最新情報を受け取る